青汁をおいしく飲むならポタージュで

健康や美容のために、最近女性も青汁を取り入れるような健康法をとっている人が結構増えるんですね。しかし、青汁というのはそもそもが美味しいものではないですし毎日飲まなければ意味がないのですが、毎日飲み続けるというのは結構青汁は負担になるものなのですね。しかも、冬場なんかは冷たい水で溶いて飲むのは体が冷えるという人もいるでしょう。そんな人のために、冬に美味しく飲める青汁の飲み方をお教えしましょう。

冬に美味しい青汁ポタージュ

冬といえば暖かいもの、できれば飲み物よりもどちらかというと青汁のような感じのものであれ温かいスープとして飲みたいのではないでしょうか。実際、青汁をコーンポタージュやじゃがいものポタージュスープと言ったように具材を使った温かいスープと言えばポタージュ系でしょう。そして、青汁もそう言ったポタージュに混ぜて飲むことによって温かく飲むことができるんです。元々、従来から青汁は牛乳と相性がいいものなのでポタージュ系のものに混ぜると枝豆やほうれん草のポタージュスープのような感覚で飲むことができるんですね。

ポタージュを作るのが面倒な人へ

ただ、牛乳を使うしポタージュ系のスープを作るのが毎日やらなくてはいけないのが面倒だ、という人はたとえば青汁の粉末タイプのものをお湯を入れて作るタイプのポタージュ系スープだとかに混ぜて作るだけでも簡単にできます。コーンポタージュ系やクリームスープ系のものであれば簡単に作ることができますし、相性も抜群なので寒い冬の朝に目覚まし代わりや簡単な朝ごはん代わりに飲むということもできます。野菜がたっぷり入っていますので、朝からしっかりと栄養をとることができる、という意味でも冬の朝には特に向いているものだと言えるでしょう。

おいしい青汁ポタージュのコツ

青汁ポタージュを作る際には、特にスープの素選びが大事です。野菜スープ系のものだとコンソメの味と混ざって青汁のスープがあまりおいしく混ざらないんですね。あくまで、味をソフトにするならばクリーム系などのスープだけにしたほうがいいですね。他にも、クラムチャウダーのような海鮮系も結構深い味わいが出るんです。

まとめ

青汁を温かく飲むためには、お湯で作るというのも一つの手ではありますがそれだと味に飽きてしまうということが改善できませんからね。こういったスープと混ぜることでちょっとした食事感覚でおいしく飲むことができるのです。